Tag Archives: 視察

Home / Posts tagged "視察"

「カンタンDIYマルシェ」訪問

阪急百貨店9階の祝祭広場でのDIYイベント。今年で2年目です。
お得意先が出店されているのでご挨拶に伺ってきました。

今年は、全体的に昨年に比べインテリア色の濃い、カワイイ感じのラインナップ。
アイアン風金具で出展されている八幡ねじさんのブースは、ちょっとしたアンティークショップみたいで、すてきな金具がたくさんありました。
他にも、マスキングテープ、アイアンやアンティーク塗料、2×4金具、フェイクグリーン、木箱、タイルなどなど。
ペーパーの量り売りなども。
木製什器を扱う市内のショップさんなど、魅力的な出店社さんとの出会いもあり、収穫のある訪問でした。

21740336_1514988171915092_5524671348866995519_n.jpg 21728098_1514988155248427_2617120446553069045_n.jpg

21728021_1514988175248425_529504690434091304_n.jpg 21761550_1514988185248424_2317433064199684239_n.jpg

21740599_1514988205248422_3972249816913937648_n.jpg 21742907_1514988238581752_186396517867739613_n.jpg

21752230_1514988258581750_3056012447279000908_n.jpg 21761397_1514988251915084_7087960920114744646_n.jpg

21740246_1514988271915082_3640150738360625434_n.jpg 21751397_1514988325248410_5378365025051815960_n.jpg

ハッカースペース大阪、オープン

社団法人ハッカースペースジャパンの本拠地「ハッカースペース大阪」(大阪府大阪市
浪速区日本橋4-6-10 和田ビル3F)のオープニングパーティに伺ってきました。
法人設立から拠点のリフォーム、整備など、代表理事の藤原さんがコツコツと準備され、とうとうオープン!
パーティでは、代表自ら腕をふるい、餃子食べ比べでご接待。他にも、関係者によるロボットレスラーのデモ、ギターやピアノ、DJプレイなど、アットホームな雰囲気。

IMG_8512.JPG  IMG_8513.JPG

さまざまなことが「できる」、「やりたい」人が集まる、面白い場所「ハッカースペース大阪」。
具体的な活動はこれからですが、いろいろお手伝いさせていただくことになりそうです。

「タイルのある暮らし」展

昨年秋に移転、リニューアルオープンした、大好きな名古屋モザイク工業さんの大阪ショールーム。
これまた馴染みのリノベストア・シンプルハウスさんとコラボしたイベント「タイルのある暮らし」展に行ってきました。
新しいショールーム、明るくてプレゼンテーションスペースも充実。相変わらず素敵なタイルがたくさんあり、クラクラしました(笑
IMG_8217.JPG
今回、このイベントに伴って開催された「タイルのある暮らし」を聞きに来たのですが、ファシリテーターの方は、天神橋ストアの店長さん・石村さん。偶然にも先日、DIYアドバイザー仲間のTさんとストアを訪れた時に接客してくださった方でした。

セミナーは、タイルの今昔、内装材としてのタイルの魅力・有用性、施工事例など盛りだくさん。
セミナー会場に展示してあったリノベ端材を活用したオリジナルブランド「KAKERA」もステキで、参考になりました。

火や水、熱、薬品、いろんなものに強いタイル。<br>こだわりの強い施主が増えたため、種類だけでなく貼り方や角処理へのリクエストに応えるのが大変になってきているそうです。しかし、その分、裾野が広がってきているわけですし、デメリットであった目地汚れを解消する汚れにくい目地材などの登場で、ますます内装現場で活躍しそうな素材なので、積極的に活用していきたいと思います。

IMG_8219.JPG

JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2016 雑感

8月26日(金)、始発の新幹線でJAPAN DIY HOMECENTER SHOWを訪問。
3日間の会期のうち、初日の関係者日=バイヤーズデイを終え、一般来場者が来る中日です。
客層はお子さん連れなども目立つファミリー層が多く、子供が楽しめる趣向を凝らした小間作りなどには、DIYの裾野をさらに広げようとする思いが表れているようです。
img_6274-2_29041855890_o (1).jpg img_6278_29295767546_o.jpg

ショーのテーマは『Let’s DIY つくるよろこび・かわるよろこび 』。
ファミリーや友人と楽しみを分かち合えるような親しみやすい提案が多く、傾向として引き続き近年のトレンドでもある女性DIY、リフォーム・リノベーションといったインテリアに関わるものがさらに多くなりました。

【塗料分野】
バターミルクペイントなどの自然派塗料や黒板塗料などがすっかり定着した中、さらなる新機能の塗料、例えば、塗ってはがせるラバースプレーシリーズ「(株式会社ティーエスエム )やサビ風塗料「ラストメディウム」(ターナー色彩株式会社 )、凸凹・ザラザラ・ひび割れなどの塗装面の表情が作れるエフェクト塗料(ニッペホームプロダクツ株式会社)など、さらに細かな工夫を凝らした、デコレーションニーズに応えられる塗料のプレゼンテーションが花盛り。
中でも、ホームセンター店員向けのワークショップを展開した和信ペイントのような、メーカーの知見を十分に伝えて製販の結びつきを強めようとする試みは新鮮。昨年からの試みですが実際、ホームセンターからの評価も高いそうです。

img_6327_28691773893_o.jpg img_6347_29312372935_o.jpg

【工具分野】
電動工具は取り回ししやすい小型化を目指したもの、掃除や園芸、マキタルンバのような家電に接近したものなど、日常生活に役立つバラエティな機能が広がっています。
手工具では、三木の神沢鉄工のナイフブランド「FEDECA」のオリジナルナイフキットを体験。持ち手を削り出して刃をネジで留めるだけですが、ものづくりの醍醐味=オリジナルを味わってきました。クラフトニーズに応えるものといえますね。
img_6348_29312377035_o.jpg img_6354_29024603520_o.jpg

【建材/金物分野】
トレンドに引っ張られ、多様なインテリア、リノべニーズに応えたものが増えています。
あらかじめ塗装した板や壁に調湿機能などの付加価値を与えるパネル、トレンドの黒アイアン風のパイプや金具の提案など。水回りの三栄水栓製作所も黒アイアンの水回り金具などをラインナップ。
壁材は、2社(オンザウォール、日本プラスター)が出展した漆喰が元気ですね。
img_6288_28706529944_o.jpg img_6320_29024701040_o.jpg

img_6307_28691891833_o.jpg img_6331_28689943224_o.jpg

【アドバイザー出展ゾーン】
アドバイザー仲間が寄木細工の雑貨で出展されていましたので、ご挨拶。
他にも、DIY彩女、TANOK、とんとんはうすさんなどものぞいてきました。
みなさんご多忙で、ブースにおられないことがほとんど(笑

【テーマゾーン「キラリ!DIY女子」】
漆喰、襖紙、カラー焼杉などの小間とともに、女性向けワークショップスペースが大きく取られており、
6種の講座「壁紙貼り」「ハンガー収納作り」「タイル貼りボックス」「和紙照明」「クッションフロアトレイ」「キッズルームデコ」など6種のインテリアリフォームを提案。
このゾーンは、私が懇意にしているDIY彩女、TANOKなどのDIY仲間が運営していて、関係者控え室で多くの方と再会。
img_6337_28689753694_o.jpg img_6343_28689775364_o.jpg

【こどもホームセンターゾーン】
一般来場者が多い日のため、削ろう会のカンナ削り体験、藤原産業の木工小物作り、ウォールペインティングなどで賑わっていました。お子さんの体験内容も、どんどん高度になっていきますね。
img_6318_29278740156_o.jpg img_6317_29278734766_o.jpg
img_6325_28691769963_o.jpg

【アドバイザーフェスティバル】
中日の夕方から始まるDIYアドバイザーの総合懇親会。
83名が参加する中、近畿圏から来ているアドバイザーは私ひとり。
ここでしか会えないお仲間もいるので私にとっては恒例行事、顔見知りも増えてきました。
全体としては、大道芸のアトラクションや、ほぼ半数の人に行き渡るお楽しみ抽選会などで大な賑わい。
ちなみに私は、防災リュックが当たりました!
二次会では、アドバイザー千葉の方々の2次会にご一緒し、DIY談義の花、花、花。
アドバイザーのパワーはすごいですね。

img_6376_29023199140_o.jpg img_6370_29277168606_o.jpg

img_6373_29202932672_o.jpg img_6377_29023203990_o.jpg

14115383_989864771126144_4075768041771830046_o.jpg

久しぶりに「鍛冶でっせ」訪問

今年に入ってから実家に帰っていなかったので、
2013年に訪問して以来、久しぶりに来てみました、
三木金物博覧会「鍛冶でっせ」

年々、充実していっているコンテンツの中、私は「金物基本講座」がお目当て。
諸事情あってなんとか最後の2コマに参加できました。

タイムテーブルを何となく眺めていて、ふと気になる名前。
そして、その方が登場してお顔を見た途端、ピンときました。
「こ、この方、きっと同級生!」

IMG_5176 2.JPG

株式会社大内鑿製作所
の4代目、大内俊明さん。
鑿について熱くマニアックに、時にちょっぴり毒を吐きながら語る姿、
とっても立派な社長さんです。

IMG_5178.JPG

翌日に再訪して、ゆっくり話をしてみたかったのですが、あいにく家族の都合で叶わず。
また改めて、コンタクトとってみようと思います。

伝統的な大工道具を作り続けている三木ですが年々、職人と本格材料の減少などが心配されており、近年は国内だけでなく海外にも販路を広げ、奮闘が続いています。

出身地であるというだけでなく、ものづくりファンとしても、応援していきたい。
良いものを見極める目を、もっと磨いていかなければ。

IMG_5181.JPG

 

箕面アンティークショップめぐり

おしゃれなカフェや雑貨店が点在する箕面。

知人と予定していたエリアがNGになったため急きょ、船場に行くことになったのですが、このエリアにはたくさんのカフェやインテリアショップ、アンティークショップがあり、大変勉強になりました。

cafe matin
〜古いビルをリノベした広い空間で、美味しいコーヒーが評判のカフェ。コーヒー豆販売の北摂焙煎所を併設。ビル独特の古さを活かした広くてレトロな内装、となりのアンティークショップの調度品などをふんだんに使ったインテリアが心地よい空間です。

Ballancourt sur essonne
〜cafe matinのとなりのアンティークや店舗什器の卸売。店の周りにはメンテナンス前のような大型家具やドアなどが並んでおり、蚤の市にいる感覚。店の奥にも、ビンテージ感あふれる雑貨や部品類がたくさんあり、創造力を刺激してくれます。

SQUARE
〜無垢・アイアン家具の製作販売など。私の趣味に合うので一度、訪れてみたかったお店です。工房併設のショップで、1Fでは家具展示と受注相談、工房。2Fは雑貨販売とカフェ。若いカップルの来店が途絶えることがなく、人気のほどが伺えます。他に、パーツや雑貨を扱う姉妹店が石丸にあります。

antique-arles
〜入り口に大きなミモザのシンボルツリーがあるショップ。隣はアイアン家具の工房、そのまた隣には大川家具製作所があります。ヨーロッパのアンティーク雑貨、アクセサリー、インテリア雑貨などが小さなお店にふんだんに並んでいます。ハンドメイド素材などの提案もあり、楽しめるショップです。
IMG_4044 2

Antiques *Midi

〜ビルをリノベして50坪の広さを確保、ヨーロッパのアンティーク家具をメインにインテリア雑貨などを品揃え。アンティークの風合いを残しながら実用に耐えるようきちんとメンテされた、大ぶりの家具が並び、ちょっとした異空間です。ザ・ブロカンテ、ともいうべき様々な雑貨も楽しい。把手・ノブ専門のLa Quincaillerieコーナーあり。エントランスの大きなアンティークドアは見ものです。
IMG_4046 2

休みだったbuff stock yardさんを後に、そろそろ折り返し。

antique-chouette

〜ユニオンジャックが目印の路面店。これまで見てきたフェミニンなイメージのショップとは違い、シックで落ち着いたツヤあり家具が並びます。猫足@チッペンデールの家具も。コンディションの良いものばかりで、昔の家具の質の良さにため息。
IMG_4053

twin-antiques
 〜ビルまるごとショップ?!と思わんばかりの大型店。こちらは英国家具をメインにものすごい数の品揃え。店内にはパブのバーカウンターを使った喫茶コーナーなども。オーナー様が接客のためについてきてくださったのですが、なにぶん行程も終わり間近でパワーがなくって、サラッと眺めて帰りました。お手頃なものも多く、趣味が合えば、ここで何でも揃いそう。とにかく数が多いので、ゆっくり時間を取っていくのがオススメ。

DOUBLEDAY
〜締めは、バス停近くにあるライフスタイルショップDOUBLEDAY。アンティークではないけれど、程よいトレンドの家具や雑貨が頭をクールダウンさせてくれました。

こうやってたくさんのショップに行くと、アンティークやブロカンテ、ヴィンテージ…さまざまな言葉の意味が気になります。そして、ショップの方々のこだわりや想いも伝わります。
ユーザーとして、ものづくりするものとして、楽しみが増幅した1日でした。

FullSizeRender

機那サフラン酒本舗の鏝絵土蔵

冬休みの間に立ち寄った「醸造の街」長岡。
当地は、他にも日本酒や醤油、味噌などの醸造所、蔵などが残っていて、通りはちょっとした名所になっています。
中でも、日本一と称される鏝絵の蔵があるのが登録有形文化財「機那サフラン酒本舗」跡地です。
鏝絵と聞けば、とにかく見てみないと、という思いに駆られます。
IMG_2369

風情のある店構えの隣にある土蔵は、修復後とあって
真っ白な漆喰を背景に施された十二支や霊獣が目にも鮮やか、ゴージャス!
IMG_2372

IMG_2373
大正時代、薬用酒で財をなした創業者が贅の限りを尽くして作らせたもので、当時は広告塔として機能していたそうです。
IMG_2377
IMG_2382
IMG_2387
鏝絵の技術を習得したり、モチーフこのままを暮らしに取り入れるのは現実的ではないでしょうけど、アイデア次第で楽しめそうでワクワクします。
例えば、モールド成型したレリーフを漆喰壁にあしらう、など。ポイント使いならいけそうですよね。

機那サフラン酒本舗の店構えの奥には、庭園や邸宅も残されていて趣たっぷりなのですが、残念なことにちょっぴり寂れた風情。現在、地域が保全に向けて活動中とのこと、いずれ屋内なども見てみたいものです。

 

全国削ろう会 神戸大会を見学

ゴールデンウィーク中の5月5日、削ろう会さんの全国大会、神戸大会を訪問。「極限まで薄いかんな削くずを追求する」この会、全国から凄腕が集い大会を催しています。DIYアドバイザー関西からもボランティア協力で先輩方がいらっしゃることもあり、陣中見舞がてら伺ってきました。

入り口ですでに、ヒノキの香りが漂ってくる会場、入るとズラーッとならんだ兵庫県産材。
す、すごい〜!
IMG_8845.jpg

事前登録した全国からの参加者が、アナウンスにしたがって粛々と薄削りに励んでいらっしゃいます。ロクな鉋を持っていない私にはまだまだ未達の境地。周りには、各地から集まったメーカーさんが芸術的な道具を展示されていて、まさに垂涎!
「早く腕を磨いて、よい道具を揃えたい!」
道工具の展示会にいくといつも駆られる想いです。
IMG_8851.jpg

IMG_8853.jpg

IMG_8855.jpg

随時、丸太切り競争や薄削りのデモンストレーション、大鋸での丸太切り体験などもあり、大にぎわい。他にも、建築、建材メーカーや工務店のブースが立ち並び、継手の実演や左官体験など、実演と体験も多く盛り込まれていました。DIYアドバイザー関西の皆さんは椅子づくり体験をご担当。
IMG_8840.jpg

IMG_8869.jpg

IMG_8861.jpg

職人だらけのイベントかと思いきや、連休中ということもあるのでしょうかご時世でしょうか、フェイクフラワーづくりや子供向けのネームプレート制作のブースがあったり、お茶席があったり、ファミリーで訪れても楽しめる雰囲気。場所柄、フードコートも中華、インド、焼肉、異国情緒も豊かでした。外国人の方や若い方も多く見られ、技術者とのやりとりも盛んで充実した機運がヒシヒシと。毎年ほぼ2回の開催、今回で31回を迎えるのも納得の削ろう会全国大会でした。

ガーデン&エクステリア 風雅舎

実家近くの高速入り口にあり、いつも気になっていたショップ。
正月の帰省ついでに寄ってきました。
IMG_7156.JPGのサムネイル画像
広い敷地に7種類のプレゼンテーションガーデン、シックでセンスのいい苗群、枝物もたくさん。ガーデニンググッズはもとより、演出のための雑貨や塗料まで揃う、まさに「庭づくり」のためのショップです。

カフェスペースも併設してあり、膨大な苗を品定めして疲れたら休憩もできます。カフェにはアンティーク雑貨も陳列してあり、飽きさせません。

代表は、著作も多い加地一雅氏。
広い講習室もあり、ショップを拝見していると、モノの提供だけでなく、しっかりと施主の暮らしに寄り添い希望をかなえる提案をしてくださる、そんな丁寧なお店なんだろうなと感じました。

苗の売り場の奥には程よくダメージ感のあるガーデン雑貨のスペース、室内売り場にはチョークペイントが並べられていて、ものづくり魂がくすぐられてしまいました(笑)
庭関係の撮影があれば、ぜひ利用させてもらいたいお店です。

IMG_7159.JPG

IMG_7160.JPG

IMG_7161.JPG

ガーデン&エクステリア 風雅舎
http://www.fugasha.com/

JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2014訪問

8/29、幕張メッセで開催されている「JAPAN DIY HOMECENTER SHOW」へ行って参りました。 大阪から行くのはなかなか贅沢ですが、毎年恒例のDIYのお祭、全国のメーカーさんやアドバイザー仲間と会う唯一の機会でもあるので行かせてもらっています。今年こそ泊まりでゆっくりと、と思っていましたが諸事情ありやはり1日参加。駆け足で会場を回ってきました。

IMG_5541.jpg

今年、ザッと見た中で印象に残ったのは、接着剤関連に新規性のあるものが多かったことでしょうか。 木工用ボンドが多機能化したものや、万能のりをコンパクトに使いやすくしたもの、貼ってはがせるもの…いずれも軽作業用やクラフト用を想定したものかと思いますが、DIYerの裾野が広がり幅広い発想のモノづくりがなされる今日、このような便利な接合ができるものが増えるのは嬉しいです。

IMG_5553.jpg

IMG_5560.jpg

50周年ということで、タレントを起用したイベントも多かったのですが、どれも拝見できず残念。Fabコーナーなどもありました。

IMG_5528.JPG

個人的には郷里・三木エリアの地味加減が残念。地元の大手ベンダーともブースが離れ、もったいない印象。もっと情報発信できれば…協同組合さん、頑張ってください!

 

 

 

IMG_5549.jpg

IMG_5545.jpg
IMG_5547.jpg

Bitnami