Tag Archives: 暮らしのソリューション

Home / Posts tagged "暮らしのソリューション"

クローゼット内ハンガーパイプ設置

お仕事はお仕事を生む。

先日ベッド修理をしたオーナーさまから、今度は自宅の改善依頼。
1階のクローゼット内にハンガーを掛けられるパイプをつけて欲しいとのリクエスト。
今は、突っ張り棒を渡して間に合わせていたが、重さで落下して困っていたそうだ。

外出する時にサッと羽織る上着やコートなどを玄関に近い1階のクローゼットにかけておきたい。
2階には立派な広いクローゼットルームがあるけれど、歳を重ねるとそこまでしまいにいくのもおっくうだ。
主人がいつも、突っ張り棒が落下しする度にイライラして困っている。

ライフスタイルが変われば、必要なものも変わってくるのですね。



作業自体はシンプルなもの。
丸棒をパイプソケットで取り付けるだけ。

しかし壁は石膏ボードで、パイプの欲しい位置に下地があったりなかったり。
ということで、石膏ボード用ピンを併用することにしました。
しかし。



普通のパイプソケットを石膏クギで取り付けようとしていたのですが、ソケットのツバ部分が思ったよりも厚く、3方向に角度違いのピンをクロスさせる石膏クギはネジ穴を通らないことが発覚。
これを解決するには、ネジ穴に通るピンを持つ石膏ピンが必要。

ということで、私物をゴソゴソと引っ張り出し、「マジカルピンンフック」を採用することに。このフックは、ピンが1本のもので耐荷重3kg、2本のもので8kg。ネジ穴はソケット1つにつき3つあり、紳士ものの上着をたくさんかけても大丈夫そう。
今回の案件は、下地が使える部分もあるのでこれで十分かな。

最終的には、旦那様のクローゼット、奥様のクローゼット、2ヶ所にパイプを取り付けました。
上着の肩幅、長さなど細かく確認しながら最適な位置にすることができ、大変よろこんでいただきました。

持っている衣類や空間の使い方によって、パイプ1本と言えども取り付け位置は難しい。
きめ細かな対応を評価していただけて、嬉しい気持ちになった仕事でした。

ベッドすのこの修理

賃貸アパートを経営されているオーナーさまより、居室に入れているベッドが壊れたので見てくれないかとの依頼。
こちらのアパートは欧米のユーザーが多いらしく、大柄な人が「ドカン」とベッドに座った際に、壊れたらしい。




現調したところ、どうやらスノコ部分が割れている模様。
そもそも、端材を駆使して作られたようで、スノコの天板は3ミリ程度のMDF。しかも長手方向に貼られており、荷重のバランスが悪い。
間に合わせの材を使っているためか、あちこちに補修の跡や飛び出したクギなども。気になるけれどこれもどうにかするとなると、買い換えた方が安い。
とりあえず、スノコ以外は活かして、スノコのみ作りかえて納品。



たまたま、娘の部屋にIKEAのベッドを入れた時に、構造や組み立てプロセスを観察できたのが役に立ちました。
カメラの電池がなくなったので、完成写真はありません。
現調後、ずいぶんお待たせしてすみませんでした!

トイレの内鍵修理

小さなお子さんが多い英会話教室のトイレ。
ずいぶん前に応急処置をした場所が、どうにもダメになったとのことで修理することになりました。


小さなお子さんは鍵の扱いに不慣れなので、あおり止めを内鍵にしてらっしゃいましたがビスが抜けてしまっていました。
もともとフラッシュ構造のドアなのでビスが効きにくい上、勢いよく開閉するので抜けてしまうのも仕方ありません。下地がわりのものを接着して補習したのですが、ダメになるのは時間の問題だったのでしょう。

そこで、引っ張りに強い内鍵を検討してみたのですが、ラッチや掛金は子供には扱いにくく、閉じ込めの原因になるとのこと。
結局、いろいろタイプを見ていただいて、打掛錠にすることにしました。


しかし、外開きなので構造的にそのまま取り付けられません。
結局、取り付け用の台座を作ってそこに固定することに。

扉の色と柱の色に合わせて端材をペイントし、それをそれぞれにネジや接着剤を併用しながら固定。
その後、掛け金がきちんと収まるように金具を調整しながら取り付けました。
なかなか馴染んでるのではないでしょうか。


書棚の修理

お得意さまから見積もり依頼で伺った際に頼まれた小修理。
書棚の背板が後ろの湾曲して飛び出していたものをなんとかしたいというご要望。


現調時は、はめ込んであった背板が溝から外れているだけと思ったのですが、修理当日によくみたら、側板のパーティクルボードが砕けていました。
元の修理プランは、幅広のL字金具を背面の側板に固定し、背板の飛び出しを抑える予定でしたが、その前に砕けたパーティクルボードを復元する必要がでてきました。


結局、木工用ボンドを流し込み一晩クランプして、金具を取り付けて終了。
書棚は古い組み立て家具でしたので、経年劣化でしょう。
おお振りで重たいの洋書などを収納されていたので、負荷がかかっていたものと思われます。


古い家具の修理は、予想外の問題点を抱えている、という教訓でした。
お客様、いつもありがとうございます。

額縁の補修

ひょんなことからお隣さんに依頼された額縁修理。
留めの部分の接着が外れ、ガラスが脱落しそうなんだそうだ。
わりと華奢なのにガラスがはまっていたので、重すぎたんじゃないかと。

 

 

接着で修理してもいいんだけど、なんでも、来月のグループ展に使うとのこと。
接着材だけの補修では心もとないので、装飾用のコーナー金具を併用することにしました。

 

 

フレーム用材は厚み10mmほど。
留め部分と金具の裏側に接着剤を仕込み、フレームが外れたためにぐらぐらしていた、かかり部分も動かないよう接着。
金具専用のミニビスでは長すぎるため、6.3mmのさら木ねじを使用して締結しました。
ねじはブロンズ色の金具にあわないシルバー色だったので、最後にねじ頭を着色レタッチ。
何とか違和感なく修理終了。

 

 

「あら、なんだか風格があがったわネ」
なんて、嬉しい言葉も。
ちょっとしたことなのに、ありがたいことです。

腰壁とパンチングボード追加納品

先日作ったパンチングボードフレームと
追加で依頼があった腰壁を設置。

 

有効ボード用フックが余っていたので
いくつか提供させていただきました。

Bitnami